突然、人事担当者が
辞めてしまった!

給与計算、入退社手続き、
ああ困った!

 ⇒給与計算

突然、労働基準監督
署から電話がきた!

労働時間や残業代の問題で...

従業員が仕事中に
大けがをした!

治療費、労災保険でどのくらい?

 採用を考えている事業主の方、必見です!

助成金とは、ハローワークなど国の行政機関が、会社に支給してくれる給付金です。

いつも払っているばかりではありません!もらえるものはもらわないと!

どうすれば、助成金がもらえるかなあ。
それは、働く環境を整えたりといった従業員さんに関するものがほとんどです。
そのなかでも、採用に関する助成金は数多くあります。門戸が広ければ、あたる可能性は高い!

例えば、卒業後3年以内の既卒者を新卒として採用する助成金があります。似た内容の助成金もありますが、既卒者対象の助成金は、助成金額が高額です。そして、東日本震災による被災者の方などを採用した場合の助成金も今年新しく登場しました。

とはいえ、助成金は期間限定であったりします。

平成24年3月までの助成金もいくつかあります。そのうち申請しようと言ってると、あっという間にその期限になってしまいますよ!

急いで助成金の専門家と採用の対策を練りましょう!

採用の事前準備として、助成金用の求人票をハローワークに載せることが必要です。

でも、助成金て、そのためにいろんな書類をそろえたり、審査があって大変なんでしょ?
いえいえ、そうとは限りません。

申請する書類は、助成金のための書類ではなく、労働関係法令で定められている書類です。
おそらく御社でもすでに揃えられている書類です。

arrow万が一ない書類だったら?

助成金申請を機会に、社内配布書類を整えましょう!

就業規則は従業員が10人以上いる事業所は必須ですが、従業員が10人未満でも社内体制を整えるため、また労使関係のリスクを抑えるため、就業規則の作成をお勧めします。

助成金はとにかく種類が多くて、どの助成金が該当するのか検討することも厄介です。
ですが、あさひ社労士事務所では御社のニーズに合わせた助成金を紹介させていただきます。
一緒に助成金が取れるように、採用や就業環境を整えたり頑張りましょう!

↑ ページトップへ